ウェブ

SEO対策をするならWordPressのJetpackプラグインを使わない方がいい理由

 

ー Jetpackの概要

日本でブログと言えばアメブロなどが有名ですが、最近はWordPressを使っている人も増えてきているようですね。私自身もアメブロなどの無料ブログサービスは基本的に記事作成者の知的財産権等が保護されないため、自分でサーバーを立ててWordPressでブログを書いています。

さて、WordPressと言えば、その豊富なプラグインによる機能の拡張性が人気の理由の一つであると思います。その中でもJetpackはWordPress公式サイト(WordPress.com)でも標準でインストールされているプラグインであり、その信頼性と便利な機能の多さから愛用している人も多いのではないでしょうか。プラグインの検索ページによると、100万以上のウェブサイトでJetpackは使われているようです。実際に私自身、以前はJetpackを愛用していたユーザーの一人でした。

2017年現在、Jetpackにはログインの簡略化やセキュリティ対策、サイトの統計情報など、実に40近い機能が搭載されています。これらの機能は全てウェブサイトの管理には欠かせないもの、もしくは非常に効果的なものであり、Jetpackはとても有能なプラグインです。しかし現在、このウェブサイト上ではJetpackを導入していません。それは一点だけ、あるデメリットが存在することが分かったからです。

 



 

ー Jetpackについて話す前にSEOの話

WordPressでブログを書いているユーザーの中には多くの人に見に来てもらいたいからと、SEO対策を考えた上でWordPressを選んだ方も多いと思います。私自身は自分の好き勝手に書けるブログとしてこのウェブサイトを始めたため、そこまでこのサイト自体のSEO対策には拘っていないのですが、友人が運営してるウェブサイトをSEO面でヘルプしているため、SEOに関してはある程度理解しており、とある検索ワードで友人のウェブサイトが検索結果の1ページ目に表示されるまでになりました。

一般的に「SEO対策」で検索をすると、定期的に記事を更新をする、分かりやすく記事を書く、タグ付けを行う、などなど、ウェブサイトのコンテンツに焦点が当てられたものが多いかと思いますが、近年SEO対策において重要なのはそれだけではありません。ソースを探すのがめんどくさいので貼りませんが、Googleは自身の公式ページ上で今後はウェブサイトのセキュリティや軽さも考慮して検索結果に反映すると説明しています。

この「軽さ」というのはウェブサイトの表示スピードのことであり、これは表示するウェブページの容量とサーバーの応答速度が関係してきます。ページ容量は画像などを圧縮することで減らすことができ、サーバーの応答速度は必要のないコードを消すことなどで改善することができます。近年Googleはモバイル端末上におけるウェブサイトの快適性を重視しており、動作の軽いウェブサイトほどモバイル端末でのGoogle検索で上に表示されるようになってきています。

このことは実際にテストを行ってみると分かりますが、モバイル端末とパソコンからブラウザのプライベートブラウジング機能を有効にした上で同じ単語を検索すると、検索結果が異なることに気が付くと思います。これはスマホなどのモバイル端末では重たいサイトに接続すると通信量が増えるため、好ましくないというGoogleの判断というわけです。

 

 

ー Jetpackが与えるウェブサイトへの悪影響

さて、話をJetpackに戻しましょう。先ほど話をしたサイトの軽さについては、Google公式のPageSpeed ToolsGTmetrixといったサイトで調べられるのですが、実はJetpackを導入しているとサーバーの応答速度が平均で0.1〜0.2秒落ちることが分かりました。秒数だけを見ると、「あれ、大したことないじゃん?」と思うかもしれませんが、上記におけるサイトの評価(スコア)に与える影響は非常に大きいです。

私がテストしたサイトではGoogleのPageSpeed Toolsにおいて100点中、平均的に5〜15点ほどスコアが下がりました。しかもJetpackの機能の多くは有効化していなかったのにも関わらずです。(Jetpackで有効にしている機能の数がどのようにスコアへ影響を与えるのかまではテストしていません。)しかし、PageSpeed Toolsのスコアは少なからずGoogle上での検索結果に影響を与えると言われています。

これはJetpackだけに限らず、他のプラグインでも言えることですが、プラグインを入れて拡張機能を追加するということは、それだけウェブサーバーのリソースを消費するということに他なりません。Jetpackはなまじ機能が多い分、サーバーの応答速度に大きな影響を与えたのだと思います。もしJetpackでないといけない理由があるのであれば別ですが、Jetpackの殆どの機能は代替が利くものだと思います。

例えばサイトの統計情報はGoogle Analyticsを入れれば十分ですし、セキュリティに関しても画面キャプチャ機能を導入するなど、他にいくらでも方法はあります。もちろんWordPress公式サイトで使用されているという信頼性や初心者向けの機能が揃っていることでJetpackの良さは誰しもが認めるところですが、SEO対策を本格的に考えている人であればJetpackはアンインストールしておくべきでしょう。

 

Tagged , ,

Leave a Reply

Your email address will not be published.